企業法務とは

法務とは、法律や司法に関する事務的な業務を指し、企業の事業活動に関する全ての業務を指して企業法務と呼ばれています。

この企業法務を行うために、一部署で行っている企業や法務部のように独立した部門として設置している企業もありますが、弁護士や弁護士事務所と顧問契約を結んで法務に関する業務を委託する場合もあります。

弁護士は法律や司法の専門家なため、企業法務に関する様々な相談や助言をする事ができ、いざ法務部などの社内で処理しきれない問題が起きてしまった時には、普段からその企業の実情を知っているため迅速に動いてもらう事ができるという利点があります。

仕事の内容としては、企業間の取引契約に関する事や雇用に関する契約に関する事、社内向けの法律相談やコンプライアンス教育、事業に関する契約書の作成や確認、債権や債務に関する事、株主総会や取締役会の運営、事業内容によっては知的財産や商標登録などもあり、企業の法律事務といってもかなりの広範囲にわたって細かく法整備がされているため、法務を担当する部署以外の部署に業務を割り振って行っている事もあります。

企業法務は、企業が企業として成り立つ上で必ず守らなくてはならない、会社法や労働法などの法律を守るために必ず行わなくてはならない業務であり、事業展開をして利益を上げ企業を経営維持していくために今では「臨床法務」「予防法務」「戦略法務」とその対応に応じて分けられ、大変重要な役割となっています。



■厳選リンク
弁護士と顧問契約を結んで法務に関する業務を委託できるサービスです →→→ 弁護士 顧問契約